読書

僕は本の虫だ。 と、いうのも小さい頃から両親が本に囲まれての生活だったので 自然とそういう習慣になってしまった。 小学校のときはほとんど中国語の本ばかり読まされた。 三字経からはじまり、論語、楚辞、漢詩など とにかく書物というのは自分にとってかけがえのない宝物である。 20才頃から文字の書物のほかに写真集もあつめはじめた。 写真集は観るのではなく、僕は読むことにしている。 写真から写真家の心を読むことで感動をおぼえる。
notes | comments(0) | -

comments

add comment