NEWYORK

ニューヨークへは、20代のころから毎年のように行っている。 最近はまったく写真は撮らずに帰ってくるほうが多い。 ギャラリーに行って写真の買い付けをしたり、商談したりしていると時間はどんどんすぎてしまう。 2001年の9.11テロの数日前で私は滞在していた。 思い出すたびに胸が痛くなる事件だ。 私の弟子がNYのアートスクールで写真の勉強をしていて、その彼女がライカで撮った写真があまりにも生々しすぎる。 彼女はそれらの写真(ネガ130本)を封印して、いまはファッションの世界で活躍している。 その130本のネガは、いまなぜか私が保管している。 「預かってて」と事件の1年後にNYから送りつけてきた。 これらの写真は、彼女の大きな財産になっていると思うな。
xx1.jpg
notes | comments(0) | -

comments

add comment