金環日食

sun.jpg 写真を教えている子が和歌山の串本にまで行って撮ってきた金環日食の写真だ。 朝、神戸で観たものとは少しちがう。 僕が撮った金環日食はかなり月の軌道が下辺に寄っていて完全ではなかった。 ポルトガルでワインを飲みながら地元の人たちと部分日食をみた記憶がフト蘇ってきた。 フリーのカメラマンになったばかりで、不安をいっぱいかかえていた。 これからの自分の人生に太陽と月に願いをかけたのである。 一直線になるときに、心に思うことが必ず叶うと地元の漁師さんに教わったからだ。 漁師さんたちは、日々の少しばかりの幸せを祈っていた。
notes | comments(0) | -

comments

add comment